大切なものを守り抜け!!光と闇の対決 〜輪廻のFight Song〜

光と闇の対決 ?輪廻のFight Song?の動画


Google Play App Store

多彩なキャラクターたちで戦いに挑もう!

「光」とか「闇」とか、そういう言葉に心躍らせる人も多いと思います。

定められた<運命>の中で、多くのキャラクターが戦い、成長していく。

この「光と闇の対決 ~輪廻のFight Song~」では全てのキャラクターがヒーローになっていくのです。

戦いの始まりです!

アニメ画風のタイトルです。古き良きRPG、どこか懐かしさも感じさせるイラストです。

プレイヤーが操作するヒーローキャラの一人<リューン>が登場します。
典型的なRPGの主人公キャラです。

居眠りしているリューンが、いきなり美少女に起こされます。
夢の中に女の子が出てきているかも……美少女はそれだけでぷりぷりと怒っています。

そして、リューンの師匠が出てきて、ゲームの遊び方の説明に入ります。

広がるフィールド上でヒーローキャラを動かして戦っていきます。
画面の左下の円を押してスライドすれば、キャラもそれに合わせて画面上を動いて様々な行動を起こせます。

画面右下の武器ボタンを押して攻撃を行います。
色々なスキルが展開しますので、戦況に合わせて使っていきましょう。

師匠の指示通りにやっていくと、リューンのライバルキャラが登場します。
リューンと何やら因縁があるようです……。

イベントが起こり、敵キャラ、味方キャラが勢揃いしました。

イベントが終了し、ここでやっと師匠からの言葉で、このゲームのプレイヤーは「新米」冒険者であることがわかります。
このゲームを始めた「新米」ということですね。

男女どちらか選べますが、今回は男の子の方を選びました。

名前をつけて初心者か経験者か選択し、本格的にゲーム開始です。

戦闘の楽しさを追求したシステム!

このゲームは日本製ではなく、海外でリリースされたゲームのようです。

そのためかはわかりませんが、大まかなストーリーはあるようですが日本語版ではまだはっきりと進むことはありません。
ですが、このゲームはどちらかというと<ストーリー>を楽しむものではないと感じました。

プレイヤーができることは、<キャラクター>を選択して色々な戦闘を楽しむこと。

そのため、「ストーリーがないなんて」という人は、初めは違和感を覚えるかもしれません。

ですが、多くのヒーローキャラクターとぎゅっと凝縮された戦闘システムに触れれば、一気に夢中になれます!

動かせるキャラクターは、初めに出てきた<リューン>だけではなく、後々追加していくことができます。
その方法の一つとしては、戦闘などで獲得できる<ゴールド>や、課金などで手に入る<ジュエル>を使用することです。

地道にゴールドを貯めれば手に入るキャラクターが殆どですので、無理に課金はしなくても楽しめる嬉しい仕組みになっています。

ホーム画面ではたくさんの項目が並びます。

<レジャー>では<AI対戦><模擬練習><チュートリアル>などが用意されています。
チュートリアルの再確認もここでできますので、分からなくなったり忘れてしまったりしても安心です。
戦闘に不慣れなうちはここで練習をしていくといいと思います。

<リーグ戦>は、名の通り<5V5><3V3V3V3>の二つのリーグ戦を戦っていきます。
このゲームを遊んでいる他のプレイヤーとの戦闘になり、勝利を重ねればランクが上がっていきます。

戦闘中に自分のキャラがやられてしまったとしても、戦闘が続行していれば何度も蘇って戦うことが可能です。
ドンドン挑戦して戦闘の腕を磨いて、ランクを上げていきましょう!

戦闘画面では、自分のキャラを含めて多くのキャラが動き回っています。

こんなにいっぱい居たら動きが遅くなったりするのか、というとそうでもなく滑らかに動いていてストレスを感じさせません。

できることが多いので始めたばかりは大変ですが、慣れてくると非常に良く考えられた戦闘システムだとわかります。
どんな行動をしたらいいかの判断、戦略の立て方が勝敗を分けていきます。

多種多彩なヒーローキャラクターたちと織りなす戦闘。
一人をずっと使い続けてもいいし、色々なキャラクターで戦闘を楽しんでもいいです。
〝こうしなければならない〟という決まりは、このゲームにはありません。

多くのヒーローキャラクターを操作して、その名の通り「光と闇の対決」に挑んでください!


Google Play App Store

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください