もはやこんな時代か?!お肉を食べて人事と話せるスカウト型就活アプリ/ニクリーチ



Google Play App Store

お肉を無料で食べられる!? 新しい形の就活アプリ

「ニクリーチ」は就職活動中の学生を対象にしたスカウト型就活アプリです。


なんて斬新!

就活とお肉が融合するなんて、思ってもみませんでした。

就活と言えば、スーツでビシッと決めて、面接で聞けることは仕事内容であったり勤務時間であったり給与であったり…ですよね。

もちろんそこが大事なんですが、本当はもう少し突っ込んで職場の人間関係や、リアルな残業時間なども聞きたいところ。

大人数での説明会だと他の就活生の目が気になって、質問したくてもできない場合もありますしね。

「ニクリーチ」ではレストランなどの飲食店で、ざっくばらんに人事の方とお話ができる機会を設けてくれるのです!

プロフィールの充実は必須事項! しっかりアピールしよう

アプリの使い方はとても簡単。

自分のプロフィールを入力するだけで、たくさんのチャンスが舞い込んでくる可能性があります。

企業の人事はプロフィールを見てスカウトをするわけですから、ここはしっかり充実させておきましょう。

まずは10項目の質問に答えていきます。

希望職種、希望業種を選択します。

続いて志向性、学生経験などを聞かれます。

「おニクに対して」という項目も!

私は迷いなく「とにかくおニクが食べたい」を選びますが、実はこのニクリーチ、お肉を食べられる「お肉スカウト」だけではないんです。

採用イベントへの招待などを受けられる「面談スカウト」、一緒にランチを食べながらお話ができる「ランチスカウト」、待遇も最高峰の「お寿司スカウト」があるんです。

お寿司スカウトなんていうVIPな待遇も夢ではありません。

そこで1番大事なのはやはり自己アピール。

自分のスキルや特技を書くのはもちろんのこと、関心がある業界への熱い想いや、自分が夢中になっている趣味などを書くのも、人事の目に留まりやすいかも知れません。

結局働くのは人ですから、人間性というのは大事になりますよね!

大手企業も導入。サービス開始から4年の実績も安心

プロフィールを入力し終えると、ニクリーチがあなたに合った企業を探してくれます。

ニクリーチを利用している企業は120社以上。

サイバーエージェントやグノシー、Retty、パソナキャリアなど大手の企業も数多く導入しています。

サービス開始は2014年で、今までに1万件以上のマッチングを叶えてきた実績もあり、安心して利用ができますね!

めでたくスカウトが届いて、「面白そうな会社だな」「話を聞いてみたいな」と感じたら、企業とのマッチングが成立します。

マッチングの後は企業と直接メッセージのやり取りをしながら、実際に会う日程を決めていきましょう。

無事に日程が決まったら、さあお肉(or他のランチ)です。

お腹を好かせて体調を整える…ことも大事ですが、人事の方とお話ができる、またとないチャンスです。

どんなことを話してどんなことを聞くか、あらかじめ決めておきましょうね。

堅苦しい場所ではなく、カジュアルな場所でおいしい食事をしながらだと、話もはずむもの。

食事の場で人事の目に留まれば、内定獲得に繋がりますよ!

実際にニクリーチを利用した学生さんのクチコミとして、「いいお肉すぎて、お腹がビックリした」「叙々苑に連れて行ってもらった」なんていう羨ましすぎる声もありました。

「お肉じゃないランチスカウトしか来ない」「ちょっとお店が期待外れだった」という意見もありましたが、スカウトはしっかり来ているようです。

目的はあくまで「タダで食べられるおいしい食事」ではなく、人事と有益なお話ができることですからね!

スカウトが来たからと言って全く興味がない企業の話を聞いて無駄な時間を過ごすよりも、心惹かれる企業の話を聞き、理解を深め、本当に自分が働きたいと思う会社に出会えるきっかけになるといいですね!


Google Play App Store

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください